シミ イボコロリ

シミを消すのにイボコロリ!?

シミができてしまった!気になりますよね?

顔や腕、手の甲などシミができてくると、とても気になりますよね。

紫外線の影響や、肌のターンオーバーの乱れによってメラニンが生成され
肌の色素沈着がおきてしまいます。

シミができてしまってから、あわてて美白化粧品を使っても
肌のくすみはとれますが、シミは消えてくれません。

それどころか、肌のくすみが取れた影響で却ってシミが目立ってしまうこともあります。

最近の美白化粧品はとても優秀で、一度肌に塗り込むと一発で
くすみが消えてしまうものも多く、逆に肌のシミを気にしてしまう原因にもなります。

歳をとってくれば誰でもできてしまうものではありますが
できることならばシミは消したいと思いますよね。

レーザー治療や、ハイドロキノンなど今ではシミは消せないものでは
無くなっている時代です。

ですが、お金をかけずにできてしまったシミを消したいと
誰でも思うものだと思います。

民間療法でシミを消す方法はないのかと調べていましたら
ヨーグルトパック、豆腐パックなど様々な方法がありました。

中にはレモンパックやキュウリパックなどもありましたが
これらはソラニンという紫外線を吸収する成分が入っているので
逆にシミを濃くすることがわかってきています。

したがって全くおススメできないシミ対策となっています。

イボコロリでシミが消える!?

イボコロリでシミが消えるという噂はご存知でしょうか。

イボコロリにはサルチル酸という強力な酸が高濃度で
配合されていますので塗ることでシミがはがれてくるのです。

サルチル酸は美容皮膚科で使うピーリングにも配合されています。

イボコロリを使うと美容皮膚科でピーリングをするのと同じ作用があるのですね。
ドラッグストアで安く購入することができます。

イボコロリを塗ることで、シミの部分の角質を溶かしてシミと一緒に
はがしてしまうというものです。

イボコロリを塗ってしばらくするとかさぶたができて、かさぶたがはがれると同時に
シミも一緒にはがれてしまうのですね。

酸の影響で一時的にイボコロリを塗った部分はやけど状態になりますが
新しい皮膚が再生してくるとかさぶたははがれてきますので
一緒にシミの部分もはがれてくるのです。

イボコロリには高濃度の酸が配合されているので、肌への刺激は強く
失敗すると逆にシミが濃くなってしまったり、アザになる可能性もあるので
あまりお勧めできないシミ対策だと思います。

ロスミンローヤルを飲んで体の中から綺麗になりましょう。

イボコロリは、いぼや魚の目をとるための治療薬ですので
本来の用途に合わない方法でシミをとるというのはお勧めできません。

簡単に短期間でシミがとれるというのは夢のような方法ですが
安易に手を出すのは危険性が高いといえるのではないでしょうか。